新築

地元庄内の木材

材料となる地元木材は、庄内の気候風土の中で風雨や積雪・干ばつ・病気など様々な条件に耐え抜いてきました。 その地域で育ったものを建築材料を使用する事が最適と考えます。まさに地産地消の家造りです。

無垢材・自然素材

当社はラミネートされたような既製品等の使用を極力少なくし、自然素材をふんだんに使うことにこだわります。無垢(ムク)の床や壁にするだけでなく、普段は見えない構造体まで無垢材です。無垢材の「ぬくもり」を大事にします。

独自の外張り断熱工法で「低炭素住宅標準」

庄内特有の「夏暑く、冬寒い」この外気温度に影響されにくい外張り断熱工法を採用しています。柱の外側に吸水性の少ない断熱材を使用する事で湿気に強くなり、骨組みまでも覆うため、構造体をしっかり守ることができます。 これからの省エネ基準にも十分対応した、高性能住宅を基本とし、家中どこでも温度差の少ない「ストレスフリーな暮らし」が実現します。

躯体断面図

躯体断面図

庄内の「風」を考えた設計

庄内特有の「北西の風」も積極的に取り入れるように設計します。自然の爽やかな風は住み心地に大きな影響を与えます。
閉鎖的になりがちな小さい窓ではなく、あえて大きく開口をとることも大切です。

道形モデルハウスの風の通り

道形モデルハウスの風の通り